Edison Chen 陳冠希 (エディソン・チャン)の画像流出事件について

証人として出廷


$value) { if ($param == 'client') { google_append_url($google_ad_url, $param, 'ca-mb-' . $GLOBALS['google'][$param]); } else if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if ((strpos($param, 'host') === 0) || (strpos($param, 'url') === 0)) { google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } google_append_url($google_ad_url, 'dt', round(1000 * array_sum(explode(' ', microtime())))); return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

2009年2月23日、騒動の発端である元香港俳優の陳冠希(エディソン・チャン)が、証人としてカナダ・ブリティッシュコロンビア州最高裁判所に出廷した。

2008年初頭に香港社会を騒がせた「スターわいせつ写真流出事件」では、香港のパソコンショップの店員の男がエディソンが修理に出したパソコンから写真を盗みだした上ネットに流出したとして起訴され、香港で予審が進んでいる。

エディソンは事件発覚当初から証人として事件解明に協力する考えを示していたが、今回は出身国のカナダで証言を行うことになった。本人が「身の安全に危険がある」として香港に戻ることを拒否したため、と伝えられている。一連の騒動では、芸能界の後ろ盾となることが多い香港マフィアがエディソンの「暗殺司令」を出したとのうわさも出た。

そのエディソン・チャン、数日前に自ら率いるファッションブランドで、米新大統領に就任したばかりのバラク・オバマ氏の顔をデザインしたTシャツを発売したばかり。
Tシャツのデザインは、5000米ドル紙幣の中央部分にオバマ大統領の顔の絵が入ったもので、580香港ドル(約6300円)で販売。エディソン本人がモデルとしてこのTシャツを着た写真も公開されているとのことで、今回の出廷報道がいい宣伝にもなっている。

次へ
トップへ AX