高速道路料金「1000円」の波紋

政府の追加景気対策に不備?


$value) { if ($param == 'client') { google_append_url($google_ad_url, $param, 'ca-mb-' . $GLOBALS['google'][$param]); } else if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if ((strpos($param, 'host') === 0) || (strpos($param, 'url') === 0)) { google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } google_append_url($google_ad_url, 'dt', round(1000 * array_sum(explode(' ', microtime())))); return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

土日祝日のETC車料金上限が1000円に。だが。


政府の追加景気対策に盛り込まれた、土日と祝日に地方の高速道路の上限料金を1000円とする値下げ策の完全実施が4月下旬にずれ込むことが明らかになりました。

値下げ策は、ETC利用の高速道路料金に適用されるもので、2009年3月28日から東京と大阪の近郊を除く全国の高速道路が、ETC搭載の乗用車に限り、土日祝日は上限1000円で乗り放題となるものです。

 国土交通省によると、料金徴収システムの改修が3月28日の値下げ開始に間に合わないといいます。
この影響で、東京・大阪の大都市圏を経由して複数の地方の高速道路を利用する場合は、当面、前後の地方区間でそれぞれ通行料金を支払う「二重払い」の状態になります。


ゴールデンウィーク前には解消するようです。
しかし、解消したとしてもわかりにくいシステムなのです。

次へ
トップへ