朝日新聞の2009年3月2日の記事


$value) { if ($param == 'client') { google_append_url($google_ad_url, $param, 'ca-mb-' . $GLOBALS['google'][$param]); } else if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if ((strpos($param, 'host') === 0) || (strpos($param, 'url') === 0)) { google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } google_append_url($google_ad_url, 'dt', round(1000 * array_sum(explode(' ', microtime())))); return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

---------------------------------------
 東京から首都高と東北道を乗り継いで
 仙台へ出かける場合でも、料金体系が
 現行の6通りが17通りにも増える。
 それも、2000〜7230円と料金に3倍
 以上の開きがあるという。
 東北道の大都市近郊区間500円
 (夜間早朝の5割引)、
 地方部1000円を足した場合だ。
---------------------------------------


高速道路1000円値下げの内容が「分かりにくい」と、国交省や高速道路会社に問い合わせが殺到。
首都高、阪神高速やそれ以外の高速の「大都市近郊区間」を通ると別料金になるなどその内容が複雑で、麻生総理みずから間違えたほど。
国交省では、料金検索システムで分かるようにしたいというが。。

ETC搭載の普通・軽自動車なら、2009年3月28日から土日祝日の休日が上限1000円、となる見通しになった地方部の高速料金。
しかしそれはあくまで地方部のみを利用する場合。

首都高速、阪神高速と、大都市近郊区間は別、というところが話を複雑にしています。

次へ
トップへ