ETC車載器、高速値下げを前に品薄です。

助成制度は100万台に達するまで期間延長


$value) { if ($param == 'client') { google_append_url($google_ad_url, $param, 'ca-mb-' . $GLOBALS['google'][$param]); } else if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if ((strpos($param, 'host') === 0) || (strpos($param, 'url') === 0)) { google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } google_append_url($google_ad_url, 'dt', round(1000 * array_sum(explode(' ', microtime())))); return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

さて、上記首都高キャンペーンは熾烈な争奪戦となっており、 明け方には50台の行方が決まってしまうそうです。
対応に苦慮した首都高側は、なんとか各日10台を増やし 60台にしたそうですが、焼け石に水。
前の日から並ぶ覚悟がいりそうです。

そればかりか、オートバックスなどのカー用品店でも今回の助成制度が 使えることで0円とは行かなくても平常時より安く買えるため、 3月20日の東京湾アクアライン・本州四国連絡橋の 土日祝日1000円通行開始を前に、ほとんどの店で ETC車載器の在庫が底をついてきてしまったようです。

この騒動に国土交通省所管の財団法人「高速道路交流推進財団」は 助成制度の期間延長を決めたそうです。

正確には、助成の申し込みが100万台に達するまで受付を延長する、 ということです。3月中に100万台を超えた場合は予定通り3月末で 終了しますが、在庫不足の現状でその可能性は低く、 事実上の期間延長という形になっています。

とはいえ、ETCを取り付けないと高速の割引が受けられないことに 変わりはなく、せっかく付ける気になった人のジレンマは ETC車載器の品不足が解消されるまではしばらく続きそうです。
トップへ