since H11.11.11

 

ちば ホームページ 自宅サーバー館 .


年賀状お年玉当選番号
PCの方はクリック!
 
★コンテンツ★
 
miniの部屋
OS φ(..)メモメモ
PC周辺機器
 
わが家のカーライフ
PC車内環境改善委員会
地デジ化レポート
場末のゲームコーナー
 
サーバー
ようこそブロードバンド
旧NIFTYライブラリ
投稿記事・画像
Let's note ナビゲータ
シリーズの紹介
ネットで儲ける
 
トップページへ
掲示板
更新履歴
サイトマップ
 
ノートパソコンの部屋
デジカメの部屋
 

ネット検索
Google


Amazonも検索
 
 

 

 




新mini 3機種の比較画像


 
旧mini 3機種はロゴがちょっと違う程度で、見た目も機能もほとんど一緒でした。

が、新mini 3機種はぱっと見は似ていますが、よく見れば外見からも結構違う部分がわかります。

そのあたりのわかりやすい画像をいくつか用意しましたのでご覧ください。



まずは天板です。
上からCF-M33, CF-M32, AL-N4の順です。

ボディの色が違うのは言わずもがなですが、ロゴの配置が異なるのがわかります。

M33は天板がマグネシウム合金になったこともあってか、Panasonicロゴも埋め込みになっています。



上からCF-M33, CF-M32, AL-N4の順です。
フロントパネル。N4だけがスリット付きです。



左サイド
N4だけはUSBがなく、そこはIrDA(赤外線)受光窓でした。



右サイド
N4だけ、IrDA(赤外線)受光窓の位置はスリットでした。
それだけ熱設計に苦慮したのでしょう。
逆にM32,M33の完成度の高さが伺えます。





Intel MMXシールはN4だけ古いタイプです。



M33のキーボードはUSキーボード。
右側が詰まっていないので打ちやすい、かと思ったが、
日本的な大きめのEnterキーに指が慣れてしまっています。
それにPgUp/PgDnが複合キーになってしまった。
INS/DELキーが手前にあるのも違和感あり。



M32のキーボード。黒キーボードです。
M32だけがF4〜F8あたりのFnキーの配列が違っています。
まぁ、どう考えてもM32の配列のほうが理にかなっていますが。
おそらくM33は、N4のキートップを流用して安く上げようと
したため、古いキー配列を採用したものと想像します。



N4だけ、Windowsキーがありません。



M33とM32の背比べ。
タッチパネルを搭載した分だけLCDパネルが厚くなっています。



LCDパネルの厚さ比べ。
こうやって見たほうが厚さの違いが強調されます。



LCDパネル比べ。
タッチパネルを搭載したため、光の反射が多くなっています。
青っぽい低反射コーティングを施していてこれですから、
コーティングをしていなかったら相当強烈なのかも。
もっとも灯を入れたときはこれほど顕著ではありませんが。



  
 

 
ちばホームページ Copyright (C) 1999-2015 ちば All rights reserved.
無断でこのホームページの一部もしくは全部を転載、複写、再配布することは禁止します。