since H11.11.11

 

ちば ホームページ 自宅サーバー館 .


年賀状お年玉当選番号
PCの方はクリック!
 
★コンテンツ★
 
miniの部屋
OS φ(..)メモメモ
PC周辺機器
 
わが家のカーライフ
PC車内環境改善委員会
地デジ化レポート
場末のゲームコーナー
 
サーバー
ようこそブロードバンド
旧NIFTYライブラリ
投稿記事・画像
Let's note ナビゲータ
シリーズの紹介
ネットで儲ける
 
トップページへ
掲示板
更新履歴
サイトマップ
 
ノートパソコンの部屋
デジカメの部屋
 

ネット検索
Google


Amazonも検索
 
 
 

 




Let's note mini CF-M32J5







M32ステレオ化計画(2)

   
1. 基板から部品をいくつか取り去ります。不要なパーツはたくさんあるのですが、とりあえず基板をカットするときに邪魔になるものと、回路構成上取り去らなければならないものだけを取り除きます。
 

   
2. 基板をカッターでカットし、必要な部分だけを切り出します。はじめは定規を当て、定規を押さえるほうに力を入れつつカッターは軽く滑らせるようにして徐々に切り込みを入れていきましょう。また、カッターの刃はすぐ痛みますから、特にパターンの部分が切れるまでは頻繁に新しくしましょう。
 



  カットしたら周囲のバリをヤスリで取り除きます。バリが残っているとショートの原因になりますので、丁寧に落とします。これが追加基板になります。
 

   
3. BA7786FPの23,24ピンを浮かします。
 

   
4. スピーカー出力のパターンにはんだつけができるよう、保護膜を削ります。
めんどうならC104〜107の端子に直付けしてもいいでしょう。
 

   
5. 切り落とした残りの基板から、2.2kΩのチップ抵抗と47μF 16Vのチップコンデンサを2個づつ調達します。2.2kΩのチップ抵抗は、R40,R42の空きランドにはんだづけします。
 

  また、47μF 16Vのチップコンデンサは、写真の位置にはんだづけします。
 

   
6. BA7786FPの5ピンと先ほど取り付けたコンデンサ(基板内側のほう)にリード線をはんだづけします。
 

   
7. 電源と入力信号のリード線をはんだづけします。
また、BA7786FPの13ピンにもリード線をはんだづけします。
 

   
8. この時点で音が出るかどうか確認しておきましょう。
テスト時は、13ピンのリード線はGNDに接続します。
 

  これで追加基板側の準備は整いました。
次はいよいよ、M32側に手を入れます。やめるなら今です。(^^;)



     





 
ちばホームページ Copyright (C) 1999-2015 ちば All rights reserved.
無断でこのホームページの一部もしくは全部を転載、複写、再配布することは禁止します。