since H11.11.11

 

ちば ホームページ 自宅サーバー館 .


年賀状お年玉当選番号
PCの方はクリック!
 
★コンテンツ★
 
miniの部屋
OS φ(..)メモメモ
PC周辺機器
 
わが家のカーライフ
PC車内環境改善委員会
地デジ化レポート
場末のゲームコーナー
 
サーバー
ようこそブロードバンド
旧NIFTYライブラリ
投稿記事・画像
Let's note ナビゲータ
シリーズの紹介
ネットで儲ける
 
トップページへ
掲示板
更新履歴
サイトマップ
 
ノートパソコンの部屋
デジカメの部屋
 

ネット検索
Google


Amazonも検索
 
 

 

 
 

NT4.0ドメインから2003ActiveDirectoryへの移行手順

 
このページはWindows NT Server 4.0のNTドメイン環境からWindows Server 2003によるActiveDirectoryに移行したときの記録です。
 

 
マイクロソフトをはじめ多くのサイトでは、NT4.0のプライマリドメインコントローラ(PDC)にWindowsServer2003(WS2003)をアップグレードインストールしてそのまま運用する方法がベストだと紹介されています。
確かに現在のドメインコントローラ(DC)上のユーザー情報などをすべて確実に引き継ぐためにはベストな方法なのかも知れません。

しかし、現在のPDCがWS2003の要件を満たしていない場合や、WS2003になると不要になるアプリケーションがいくつか入っているのでこの際すっきりしたいといった場合など、この方法がベストとは言えないケースがままあります。私の会社もそのような状況でした。

加えて、WS2003用にサーバー機を新規導入してリプレースするケースを考えると、WS2003がプリインストールされたDELLのサーバーなどは大変お買得感があり、これを導入して、DCを移行したいと考えるのが自然です。

そういうニーズに応えるために、ADMTという移行ツールがMSから提供されていますが、使ってみるとうまく動作しなかったりして、なるほどアップグレードのほうが安心かと考えさせられます。

そこで、PDCをアップグレードせず、移行用の仮サーバーを一時的に立て、これを利用して新規WS2003サーバーをActiveDirectory(AD)のマスタードメインコントローラ(MDC)に仕立てる方法を紹介します。

もちろんシステム環境は千差万別ですので、すべてがここに記載したとおりに進められるとは限りませんが、移行へのひとつの切り口として参考になれば幸いです。
 
 
シナリオとしては・・・
まず、現在のNTドメイン環境に仮のパックアップドメインコントローラ(BDC)を1台追加します。これが移行用仮サーバーになります。WS2003の要件を満たしている必要があります。

今回はお得意のCF-M32と、LANカードにIBM 10/100 EtherJet CardbusAdapterを使用しました。要件的には最低ラインですが、場所を移動しての実験には最適です。 ただ、インストールのためのCDドライブにはちょっと苦労しました。
NTに対応するPCカード接続のCDドライブが、WS2003ではドライバがないため使えず、しかたなくセットアップの途中で、WS2003用にUSB接続のドライブを別途用意しました。オールインワンなPCならこのような問題はないことでしょう。

LANカードについても同様のことが言えます。
最初からNT4.0とWS2003の両方で動作するものを選択しておくべきです。
個別に対応したカードをお持ちの場合は、アップグレードインストールの途中で差し替えてもいいですが・・・。

・・・話をシナリオに戻しまして・・・
BDCとしてインストールすることでNTドメインのユーザー/グループ/コンピュータなどの認証情報を仮サーバーに引き継がせ、PDCに昇格し、アップグレードインストールで、仮サーバーをWS2003の「最初のドメインコントローラ」に仕立て上げます。
アップグレードインストールに使用するWS2003は180日限定評価版でOKです。
この作業のために高価な新規のパッケージを用意する必要はありません。

そして最後に、WS2003がプリインストールされた安価なIAサーバーを購入し、これを仮サーバーによるActiveDirectory(AD)環境の追加ドメインコントローラとしてセットアップしたのち、「最初のドメインコントローラ」の機能を仮サーバーから移行します。

この手順により、元のPDCには手を加えずに、いまどきのIAサーバーにきれいに環境移行をしようというのが本稿のねらいです。
 

 
さてここで、登場人物(登場サーバー)について簡単に紹介しておきましょう。
サーバー名 役割 IPアドレス
NT-PDC NTドメイン"NTDOMAIN"のPDC 192.168.16.1
M32-NT2AD 移行用仮サーバー 192.168.16.3
HONCHAN 移行先新規2003プリインサーバー 192.168.16.2
 移行後のドメイン名は"local.chibahomepage.com"としています。

 そのほか、HUB、WindowsServer2003 180日限定評価版、
 NT4.0server、ServicePack・OptionPack各種、などを使用します。
 ServicePackは最低でもSP6aだけは用意してください。
 
それでは、いってみよ〜♪ (長丁場になります)
 

 
仮サーバーへのNTserver4.0 BDCのセットアップとPDCへの昇格
WindowsServer2003へのアップグレード
ActiveDirectoryの構成とDNSのインストール
本運用サーバーのセットアップ
本運用サーバーへの操作マスターの移行と最終処理
 
 



 

 
ちばホームページ Copyright (C) 1999-2015 ちば All rights reserved.
無断でこのホームページの一部もしくは全部を転載、複写、再配布することは禁止します。