since H11.11.11

 

ちば ホームページ 自宅サーバー館 .


年賀状お年玉当選番号
PCの方はクリック!
 
★コンテンツ★
 
miniの部屋
OS φ(..)メモメモ
PC周辺機器
 
わが家のカーライフ
PC車内環境改善委員会
地デジ化レポート
場末のゲームコーナー
 
サーバー
ようこそブロードバンド
旧NIFTYライブラリ
投稿記事・画像
Let's note ナビゲータ
シリーズの紹介
ネットで儲ける
 
トップページへ
掲示板
更新履歴
サイトマップ
 
ノートパソコンの部屋
デジカメの部屋
 

ネット検索
Google


Amazonも検索
 
 
 
 
 

 



 
 

高速道路料金「1000円」の波紋

政府の追加景気対策に不備?

土日祝日のETC車料金上限が1000円に。だが。


政府の追加景気対策に盛り込まれた、土日と祝日に
地方の高速道路の上限料金を1000円とする値下げ策の
完全実施が4月下旬にずれ込むことが明らかになりました。

値下げ策は、ETC利用の高速道路料金に適用されるもので、
2009年3月28日から東京と大阪の近郊を除く全国の高速道路が、
ETC搭載の乗用車に限り、
土日祝日は上限1000円で乗り放題となるものです。

 国土交通省によると、料金徴収システムの改修が
3月28日の値下げ開始に間に合わないといいます。
この影響で、東京・大阪の大都市圏を経由して複数の
地方の高速道路を利用する場合は、当面、前後の地方区間で
それぞれ通行料金を支払う「二重払い」の状態になります。


ゴールデンウィーク前には解消するようです。
しかし、解消したとしてもわかりにくいシステムなのです。


朝日新聞の2009年3月2日の記事が状況をよく表しています。

東京から首都高と東北道を乗り継いで仙台へ出かける場合でも、
料金体系が現行の6通りが17通りにも増える。
それも、2000〜7230円と料金に3倍以上の開きがあるという。
2000円になるのは、首都高の日祝日500円、
東北道の大都市近郊区間500円(夜間早朝の5割引)、
地方部1000円を足した場合だ。


 




高速道路1000円値下げの内容が「分かりにくい」と、
国交省や高速道路会社に問い合わせが殺到。
首都高、阪神高速やそれ以外の高速の「大都市近郊区間」を通ると
別料金になるなどその内容が複雑で、麻生総理みずから間違えたほど。
国交省では、料金検索システムで分かるようにしたいというが。。

ETC搭載の普通・軽自動車なら、2009年3月28日から土日祝日の休日が
上限1000円、となる見通しになった地方部の高速料金。
しかしそれはあくまで地方部のみを利用する場合。

首都高速、阪神高速と、大都市近郊区間は別、
というところが話を複雑にしています。


首都高速
3月28日から、土曜日を除く休日、現行700円が終日3割引で500円に。

阪神高速
3月28日から、土日祝日、終日3割引。

大都市近郊区間
3月28日から、土日祝日、午前6時〜午後10時は新たに3割引に。
それ以外の夜間早朝は、現行の5割引のまま。


大都市近郊エリアを避け、休日に地方部だけを回れば
1000円で済むわけですが、そのために遠回りするとしたら
ガソリン代との相談になってしまい、本末転倒かも知れません。





ETC車載器無料キャンペーン速報

ETC車載器を無料で取り付けました。
 

 

 
ちばホームページ Copyright (C) 1999-2015 ちば All rights reserved.
無断でこのホームページの一部もしくは全部を転載、複写、再配布することは禁止します。