since H11.11.11

 

ちば ホームページ 自宅サーバー館 .


年賀状お年玉当選番号
PCの方はクリック!
 
★コンテンツ★
 
miniの部屋
OS φ(..)メモメモ
PC周辺機器
 
わが家のカーライフ
PC車内環境改善委員会
地デジ化レポート
場末のゲームコーナー
 
サーバー
ようこそブロードバンド
旧NIFTYライブラリ
投稿記事・画像
Let's note ナビゲータ
シリーズの紹介
ネットで儲ける
 
トップページへ
掲示板
更新履歴
サイトマップ
 
ノートパソコンの部屋
デジカメの部屋
 

ネット検索
Google


Amazonも検索
 
 
 

 

 

 
 

 

 

 

 

 




 
 

地デジ化レポート

地デジアンテナ交換

DXアンテナ UBL-62DA


わが家は一戸建てで、ベランダから脚立で
比較的容易に屋根に上がることができます。

そこで、自分でアンテナを交換することにしました。

時期的にアナログ放送の終了が間近に迫ってきていますので、
計画としては、VHFアンテナの撤去と地デジ用UHFアンテナの設置を
同時に行い、混合器は使用しないこととしました。

無論その日からアナログ放送は受信できなくなります。

混合器を経由すると、一定の損失があるため、
せっかく受信した電波が減衰してしまいます。

その減衰を補うためにブースターを設置するという手もありますが、
一般的にはテレビを観ていないときも電力を供給し続けるため
やはりなんだかもったいない、と感じてしまいます。


もうひとつ悩んだことがあります。

わが家のある千葉県には千葉テレビがありますが、
わが家から見ると、東京タワーの方向と
千葉テレビの送信塔の方角が70度もずれているため、
両方とも良好に受信するためには
それぞれにアンテナを向ける必要があります。




しかし、2本のUHFアンテナで受信した電波を引き込むために必要な
UHF-UHF混合器は、とても減衰率が高いんです。

あまり・・・ほとんど観ない千葉テレビを受信するために
アンテナを追加して混合器をかます・・・ことにより、
肝心のよく観るキー局の受信波を弱めてしまう・・。

そこでぼくが出した結論。

千葉テレビは観ない!

(ちばホームページのくせに・・)
(Sorry,千葉テレビ関係者各位)


幸い、わが家は船橋市三山にある
千葉テレビ送信塔から10km圏内ですので、
観たいときは使うテレビにUHF室内アンテナを
原始的につなぎかえることで対処することにします。

そうすることで東京方向に向けたアンテナからの
電波のみをストレートに宅内に引き込むことができます。






それでも屋根裏には5分配器を設置していますので、
そこでの損失も考えると、それなりのアンテナ性能が求められます。


わが家、東京タワーからの距離は30km程度です。
一般的には20素子のUHFアンテナになるかと思いますが、
首都圏の放送局は18〜30ch(UHF帯のローチャンネル)に集まっており、
地デジ対応アンテナについて調べてみると、そのローチャンネルで
最も性能が出るアンテナが用意されています。

さらに導波素子を2重構造にして指向性と利得を高めた
パラスタック型のアンテナを選べば、14素子でもカバーできそうです。


ということでローチャンネル用パラスタックアンテナに絞って物色。

他にもいくつかのメーカーから同様の製品が出ていますが、
近所の電気店・ホームセンターやネット通販などで
容易に入手できるのは以下の3機種でした。


メーカー

型番

価格com最安値

重量

DXアンテナ

UBL-62DA

4,490円

1.3Kg

マスプロ

LS14TMH

4,461円

2.4Kg

サン電子

SC-DA14UL

4,289円

2.5Kg

価格com最安値は2011.6.28時点


利得などのアンテナとしての基本的な性能にはほとんど差は
ありませんでしたが、ひとつだけ注目すべき大きな違いが。
そう、アンテナの重量です。

屋根・家屋への負担が軽くなるのはもちろんのこと、
嵐や台風などの強風の際のマストやステー線への
負荷も軽くなるため倒れにくくなります。

もちろん自分の作業も楽になります。

ということで、DXアンテナ UBL-62DAに決定!

DXアンテナ パラスタック式UHF14素子ローチャンネルアンテナ UBL-62DA

ほんとうはマスプロのLS14TMHの型番のつけ方が気に入り、
(Low ch. Stack 14 Tou Mei Han)
ちょっと気持ちが傾いていたんですが・・。^^;

マスプロ 超高性能型家庭用UHFアンテナ LS14-TMH

DXアンテナ UBL-62DA、さっそくネットで発注!



到着!



軽いけど箱はでかい。



箱をあけたところ。



箱の裏面が組み立て説明書になっています。



箱から取り出す。



給電部以外は折りたたまれています。



まずはリフレクター(反射)を拡げ、増し締めします。



導波側のX字型の素子を起こしていきます。



こんな感じ。ここまでは工具要らずのシンプル設計。



給電部には5C-FB同軸ケーブルを接続します。



ふたを開けると、中に防水キャップが入っています。



防水キャップを1cmほどのところでカットします。



箱の説明図は実寸大ですね。エクセレント。
ふだんは目分量でやってしまいますが、今回は忠実に加工してみました。
ん〜、美しい仕上がりだ。(^^;)



端子部分に差し込み、ねじ止め固定します。



防水キャップをはめ込みます。



最後に給電部をアンテナに取り付けます。

さて、いよいよこれを持って屋根に上がります。




これまで使っていたアンテナ。
VHFアンテナは東京タワー方向、
UHFアンテナは千葉テレビ方向を向いています。

今回はこの2つのアンテナと混合器を撤去、
屋根馬、マスト、ステー線はそのまま継続して使います。

ステー線は以前(昭和時代)は錆びて強風で破断したものでしたが、
ステンレス製になってからはかなりもつようになりました。


屋根の上は危険です。

自分が落ちてはいけないのはもちろんですが、
工具や部品なども落とさないように細心の注意を払います。


写真ではあまり痛んでいるように感じられませんが、
一部の蝶ナットがさびさびでぜんぜん回らなくて苦労しました。

数本は556を流し込んでやっと回ったりもしましたが、
1本どうしても回らないので、ねじを折り取りました。

と、文章で書くと簡単ですが、屋根のてっぺんで背伸びして
やっと届く高さの固〜いナットを回したり、折ったパーツを
ふっ飛ばすことなく、また勢い余って工具を取り落とすことなく
大胆かつ慎重に作業を進めなければならなかったので、
けっこう神経をすり減らしました。




つけかえ完了。途中の写真は撮る余裕なし。--;

屋根の上は危険ですから。




取りはずしたVHFアンテナは分解して
燃えないごみの日に出します。

あぁ、これでアナログ放送ともお別れです。
長年、本当に長年お世話になったVHF帯よ、、さようなら。


さて、ふたたび屋根に上がって
アンテナの向きを微調整していると・・。

なんと、遠くの空に東京スカイツリーが見えているではないですか!




うぉっ、すげっ。バビルの塔みたいだな。
人工の建造物がこんなに遠くから見えるなんて。

これは間違いなく直接波を受け取れると実感・・・。
開業が楽しみです。


東京タワー・東京スカイツリー・千葉テレビとの位置関係
東京タワー・東京スカイツリー・千葉テレビとの位置関係

10度ほどずれているので、運用開始の際には
再び屋根に上がることになりそうです。


さて、余談ですが、

見られなくなると思っていた千葉テレビは
強電界パワーのおかげで映っています。

上記地図の角度から考えてもラッキーな状態。
スカイツリーの電波塔としての運用開始後に
あらためてアンテナを向けなおすときが心配です。




 
地デジアンテナ交換
地デジチューナー
録画環境(パソコン)の地デジ化
  
 

 
 

 
ちばホームページ Copyright (C) 1999-2015 ちば All rights reserved.
無断でこのホームページの一部もしくは全部を転載、複写、再配布することは禁止します。